見た目にもいろいろな影響を

頭蓋骨というのはボールのような形の一枚の骨のようなイメージがありますが、実は23個もの骨が縫合というつなぎ目でつながっています。そしてそれを支えるためにいろいろな筋肉が働いていますが、体の歪みによりバランスを崩してしまうと頭蓋骨も歪んでしまいます。頭蓋骨がゆがむと頭痛とともに吐き気やめまい息苦しさなどを感じることがあります。その他にも目の奥の痛みや耳鳴りなど、不快な症状を伴うことが少なくありません。そんな症状の悩みは表参道の整体院で解決することができます。頭蓋骨の歪みは様々な健康上の不快な症状を伴うとともに、顔が大きく見えたり、目と目の間隔が広くなる、鼻筋が広がるなど顔の見た目にもいろいろな影響を与えます。

頭蓋骨部分にかかる力を分散させる

頭蓋骨に付着している表情筋の影響で顔の表情が悪くなったり無表情になったり顔が引きつったりする症状が現れることもあります。頭蓋骨というのは骨盤や背骨、胸郭などの全身の骨格の歪みと筋肉の緊張やバランスの悪さによってゆがみます。表参道の整体院ではゆがんだ頭の部分の骨だけでなく全身の骨格の歪みとの関連を確認しながら頭蓋骨の歪みを整えるというやり方を行います。そして一見すると関係ないように感じられますが、精神的なストレスなどがゆがみの原因になっている場合もあります。そうしたケースの場合には心理面との関連を考慮しながら施術を行うようになります。大切な脳を保護する大変にデリケートな部位のため無理な力を加えすぎず、頭蓋骨部分にかかる力を分散させるように歪みを整えます。

ページのトップへ戻る